Bonaダストフリーサンディング

Bonaダストフリーサンディングのイントロダクションビデオを更新しました。

1分49秒と短く編集しました。あくまで作業の概略を理解していただくためのビデオですが、古く傷んだフローリングが、どの程度キレイに蘇るのか、十分に理解いただける内容となっております。

もっと詳しい作業工程を知りたい方のために、別バージョンのビデオも用意しております。近日中に公開しますので、楽しみにお待ちください。

追記:

今までのビデオと一体何が違うのか? 大きな変更点は2点あります(と言っても小さな変更点ですが)。

変更点1.フローリング表面を「約0.5mm削ります」→「約0.8mm削ります」と、削る厚みの記載を変更しました。よほど細かい番手から削り始めないと0.5mmにはなりません。平均すると0.8mmが正解でした。

変更点2.塗料を床に直撒きしていた部分の映像をカットしました。

樹種によって大きな差がありますが、木に含まれるタンニン酸と水性塗料が反応し、木の色が変わる場合があります。特にナラ(オーク)は色が変わりやすいので注意が必要です。均一に色が変わってくれれば、それはそれで良いのかも知れませんが、まず間違いなくムラになります。木の素地に直接塗料を撒くと、塗料を撒いた跡が色ムラになって表れてくる場合があります。2層目以降は直接撒いても構いませんが、1層目は避けた方が仕上がりが良くなります。最近の施工では、木の素地に塗料を直接撒くことは、まずありません。しかしこのビデオを撮影した2年前は。。。

最近は、色にこだわる、仕上がりにこだわる、といったこだわりのある現場が増えてきました。しかし2年前は「汚かった床をキレイに」といった面のみに、フォーカスし過ぎていたように思います。

「今さら?」「今頃?」と思われる方も多いかもしれませんが、木は奥が深いです。最近になって、初めて知った、初めて理解できた、ということも少なくありません。そのたびに仕事というのは、ここまで知ったら終わり、ここまで出来たら終わり、というような終わりがあるものではない。レベルが上がれば上がるほど、新たに疑問が増え、さらに成長を促してくれる。

よりたくさんの方に少しでも良質のサービスを、経験とデータに裏打ちされた正しい知識の普及に、歩みを止めずに進化し続けていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*